読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

ライトノベル【人類は衰退しました】で好きな言葉達



 今日は画像のないNAVERまとめ風にいってみたいと思います。



「畑仕事より楽かなーと」(1巻P27)

この時点でわたしちゃん(主人公)の性格や作品の方向性が見えました。


「しかしよく電球なんて作れましたね……齧歯類風情が」(2巻P72)

時折見せるこの毒舌ぶりもこの作品の魅力の一つです。


「蟻の巣に水を灌ぐ遊びももう止めます。
 社会の歯車になるのはイヤだなんて言いません。
 共同農作業にもちゃんと参加します。仮病使って休んだりしません。
 夢のある仕事でないとイヤだとか曖昧な贅沢言いません」(2巻P128)


読んでる側にもいちいちチクチク突き刺さってくる言葉ですね。


「ごちそうさまぁっ♪」(3巻P20)

名台詞というか名シーンでしょうか。台詞としてはその後のおじいさんの(「森の仲間という概念自体がひとつの壮大な欺瞞だと思わんかね」)の方が唸らされるかも。


「わたしったら、つい“良くなかったこと探し”をしてしまう癖があって」(4巻P26)

つぎはぎ娘さんの悲痛な心の表れ? というか愛少女ポリアンナのパロディですねこれは……


「お姉ちゃん今日の夕食は?」
「もち肉よ」(4巻P124)


そんな彼女も食料が空から降ってきて、良くなかった探しはもうしていないとのこと。


「アランは森で飢え死に。
 ベッキー谷にまっさかさま。
 カール馬車にひかれて
 デラは波にさらわれ
 エドガー野犬のごちそう
 フローラのこぎりばらばら
 ジェフがすべてのはんにん
 おしまい」(4巻P76)


 名前の頭文字がABCDEFGの順になっていた、ということはアニメを見て気付きました。


「おめーのせき、ねーです?」(4巻P138)

名台詞来たれり。イジメか……


「ほうき頭!」(5巻P33)

後半の主要人物Yとの出会い。わたしちゃんの心中を察するシーン。


「うけいれがたい、かくばりぐあい」
「かえさるのものはかえさるに。ひとのものはひとにおかえしです」(5巻P64)

この後妖精さんはすぐに甘いものを受け入れますけどね。


「それはもう、やさしげなにんげんさんでしたなー」(5巻P74)

妖精さんのYに対する感想。まだこの時はわたしちゃんと妖精さんとの距離感も近くなかった。


「仲よくしたい人なんていないからです。あなたも含めて」

わたしちゃんが“巻き毛”に対して。5巻は名言、というか名シーンの宝庫。というか筆者が一番好きな巻。


「ひとりは……いや……です」

「それはたやすいねがいです?」
「おともにー」(5巻P82)

全てはここから始まった、と言ってもいいかも知れない。


「ぼくら、だれかいれば、あいにいけます」(5巻P166)

次のページをめくった時に見た挿絵と共に、涙腺が潤むワンシーン。


「わたしは善人でも悪人でもないようです……って、え?善人じゃ……ない……?」(5巻P190)
「さっきまでの美人、面影もなし」(5巻P254)

わたしちゃんの内面がこんなところにもあらわれて。


「裏切り者め!自分だけ……そんな充実ライフを……見ていればいい!そちらがノンケにかまけるつもりなら、その間に私は栄光を手に入れてやる!この道を究めてやるからな!」(6巻P137)

腐女子道はかくも険しいものであった……


「知ったことじゃない!衰退だなんだ、知ったことじゃない!こっちはまだ子どもなんだ。これから生きていかないといけないのに、ぜんぶ終わったみたいに言うな!」(7巻P114)

まるで現実世界の問題にもメスをいれるかのごとく、里の子どもの精一杯の台詞。


「文庫本にして六冊分くらいの数々の大冒険を、生き抜いてきたつもりです」(7巻P178)

ありそうであまりなかった「人退」メタ発言。この巻も入れて7冊分。


「『うわっ!私の高度、低すぎ?誰よりも高い世界に行ってみたくありませんか?』」(8巻P26)

今読み返してもあのバナーの顔を思い浮かべてしまうのは筆者だけではないはず。


「窓越しに吠え面がみられますよ?」(9巻P173)

夢の世界に行こうが月に行こうが、「人退」はいつだってブラックとシリアスの間をホバリング


「また落ちかかった!もう私は飛ぶものには乗らない、決めた!」
「Mさーん、ご無事ですか!」
「お姉さーん!助けに来ましたー!命の恩を売りに来ましたよー!」
「隊長殿!自分は、昔取った杵柄で操縦任務を見事に達成したであります!」
「……敵いねーの? 月星人とかいねーの? バトルなし?」
「姐さん、良かった! 心配しましたよ! 自分もう、正直駄目かと……本当に良かった……ううっ」(9巻P262、263)


わたしちゃんはひとりじゃなかった。それもこれも妖精さんのおかげ?



 …………これでおしまい。もち他にもたくさんあるよ。

 
 ちなみに筆者はまだ「人類は衰退しました 平常運転」の方は半分くらいまでしか読んでません。
 読んだら本当に最後になってしまうような気がするから
 ……と綺麗にまとめるつもりはなく、最近忙しいから(汗


 現実よりもファンタジー世界よりも

 ぼくのあたまとせいかつすいじゅんがすいたいちゅう?