くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

貧乏熊が何を読む

おはようございます。

IT業界に入って毎日が忙しくなってしまい、書評を書く時間がなくなってしまった

だけでなく

30過ぎて新しい職種に鞍替えしたものだからこの歳で20代の人たちと同等がそれ以下の安月給でその日その日を暮らしています。

そんななか、こんな本を買って読んでたりするのですから、いろんな意味で身の程知らずですね。。。

 

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位!  ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダンカン,依田光江
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

世間にイノベーション起こす前に自分の人生のモチベーション保つべきだろう、と言われても仕方ないレベルでの貧乏熊が何を……

この本自体は非常に良書なのに、逆に自分が情けなくなりました(馬鹿。。。)

 

と、まあ、いろいろ自虐的な文から始めてまいりましたが、毎日の生活自体は一応元気にやっております。

それと、このブログも、最近はめっきり更新しなくなったにも関わらず、割と毎日ちょくちょくアクセスがあるというのは本当にありがたいです。

過去の記事にコメントまでいただくことがあって、 大げさでなく「自分は本当にいろんな人に支えられて生きているんだな」ということを実感させて頂いております。

最近では、こんなサイトも開設したので↓

kenjinia.work

もしよかったらリンク先をクリックして眺めてみてください。

それと……

あれ?

書くことがない・・・(汗)

あああ、新しい本がもっと読みたい。。。

昔みたいに、新しい本を沢山読んで、ここで紹介して、楽しかった日々を過ごしたい……

でも、意を決して今はITで働くことを決意したのですから、簡単に昔に戻りたいなんて言ってはダメですね。。

今日は休日なので、プログラミングやインフラの勉強、今から頑張ります。

それでは、また近いうちにお会いできれば

(@^^)/~~~