読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

今年発見した漫画の中で自分で勝手に打線組んだ

 条件は

 

・僕が今年出会った漫画の中で面白いと思った作品

・2015年12月時点で連載中である

 

 この2点だけ。

 一応守備位置も書いてありますが、あまり深くは考えてません^^:

 

1(左)亜人ちゃんは語りたい

 

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 近年増えているモンスター娘が織り成す日常ものの一つ。ギャグ中心かと思いきや垣間見せるシリアスぶりに少しドキッとさせられることも。

 

 

2(中)少女終末旅行

 

少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS)

少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS)

 

  好きです。大好きですこういう世界観。終末なのにどことなく感じさせるあたたかな灯。そう感じるのは読んでいる内に二人のペースに気を取られているから? それとも現実のこの世界に照らし合わせられるところがあって心に響くから?

 

 

3(一)だがしかし

 

だがしかし 4 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 4 (少年サンデーコミックス)

 

  駄菓子です、絵柄もギャグのノリもヒロインの残念さも主人公の突っ込みも。それら全部ひっくるめて駄菓子食べている時と同じ気分。でもそういう漫画で一息入れるのもまた乙。

 

 

4(三)岡崎に捧ぐ

 

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

 

 本当この漫画に出会えただけで今年の漫画発掘の成果は豊作だと言えた。詳しくは僕の下記記事

jiru4690.hatenablog.com

 

 

5(遊)スティーブズ

 

スティーブズ(3) (ビッグコミックス)

スティーブズ(3) (ビッグコミックス)

 

 ジョブズっていうと、あのボーズ頭に眼鏡のおっさん顔を思い浮かべるけど、若い時はこんなにかっこよかったのか……もちろん晩年もいろんな意味でかっこよかったけど。ジョブズとウォズニアックの新たな魅力が発見できる良書。

 

 

6(捕)健康で文化的な最低限度の生活

 

 こちらも詳しくはマイ記事に

jiru4690.hatenablog.com

 

 

7(右)はたらく細胞

 

 こちらも(ry

jiru4690.hatenablog.com

 

8(二)からかい上手の高木さん

 

 一話目からいきなりヒロインの本当の気持ちが見えてしまって、だからこそ以降の展開にニヤニヤし続けられる、青春漫画。うん、これは本当これ以上にない青春だな……自分にはなかったけれど;ν;

 

 

9(投)ダンジョン飯

 

 ファンタジー大好き九井諒子の本領発揮。RPG好きならはまれるそのネタの広さには脱帽もの。著者は短編漫画を描いていた時代から非凡な才能を見せていたが、ここに来て知名度も人気も大幅に上がった模様。

 

 

 

 こんなところでしょうか。

 この歳になると漫画を買う気力すら削がれやすくなるから、来年は更に面白いものに出会えると嬉しい。