くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

横溝正史の小説で一番好きな作品が【夜歩く】

 

夜歩く (角川文庫)

夜歩く (角川文庫)

 

 

 ミステリー作品を紹介するのは難しい……

 核心にふれるのはもってのほかだし、かといって説明が抽象的過ぎても何を言いたいのかよくわからなくなることが多いからだ。

 

 それでも紹介したい本がある。

 それが金田一耕介シリーズの一つである「夜歩く」

 

 本書は犬上家の一族や八つ墓村に比べると知名度はやや劣る。

 が、それでもここで取り上げたのはこの作品こそ、金田一耕介という探偵の特徴を生かし、犯人に感情移入できる作品もそうそうないからだ。

 理由は最後まで読めばわかると思われますが、それでもそう思った要素を少し箇条書きにしてみると

 

・金田一耕介は物事がほとんど明らかになってからじゃないと事件を完全解決しない

・シリーズ作品は人間の憎悪、嫉妬、狂った愛情など負の側面を次から次へと描写することが多く、本作は特にそれが顕著

・徹頭徹尾救いがない

 

 ……これだけでも少々ネタバレしちゃってますわな(汗

 

 しかしそれでも本作は読む価値がある。トリックという言葉ではすまされない伏線やあっと言わせる顛末に舌を巻くことになるであろうからだ。(それでもミステリーマニアの方にとっては、もしかしたら途中で全貌が推理出来てしまうかも知れないけれど……)

 

 それにしてもこういった救いのない結末っていうのは、やっぱ同じ金田一の名を冠した漫画がしっかり影響を受けてるんだなぁ、と再確認させられる。

 あっちは漫画だからそこまで暗いイメージはわかないけれど。

 

 最後に一つ。

 そんじょそこらのミステリーと思って読んだら、軽く鬱になること請け合いです。

 タイトルが示す通り、結構暗いから……