くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

2017-02-07から1日間の記事一覧

【三浦綾子】人生の意義を問う小説【塩狩峠】

一粒の麦、 地に落ちて死なずば、 唯一つにして在らん、 もし死なば、 多くの果を結ぶべし(新約聖書 ヨハネ伝 第12章 24節) 小説の人物、特に主人公が、読者に対して感情移入させてくれる役割を果たすのであれば、これほどまでに素晴らしい思いにさせてく…