くまの書評ブログ【すべての書籍は血肉縁】

“血”となり“肉”となり、人々の“縁”となる読書の素晴らしさを、野獣目線で呟いていきます。

予想通りに不合理:行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

    例えば
    100円の「明治ミルクチョコレート」と
    5円の「ごえんがあるよ!」の駄菓子チョコ。
     この2つの商品のうち、売り上げ、人気、知名度が高いのは、「明治ミルクチョコレート」の方だろう。
     しかし、この2つの商品をもしそれぞれ5円ずつ値下げしてみたら?
     つまり「明治ミルクチョコレート」の方は95円で
     「ごえんがあるよ!」の方は0円!
     スーパーマーケットでそれぞれの商品が分けられて入った陳列棚を用意すれば、どちらがより多くの客の手によって吸い込まれていくかは、言うまでもないだろうが、「ごえんがあるよ!」の方であろう。
    何故って、値下げ後価格0円だからーー

 

 

    人間はどこまでも滑稽で不合理だ。
    上記の例は、「0円なら持っていっていい」と考えられるから、そのような結果になるだろうな、という推測である。明治の方だってちゃんと値下げしてるのに、もし仮に明治の方を5円どころか10円か20円値下げしたとしても、結果は大して変わらないと思われる。
    ゼロの魔力は恐ろしい。この場合、0円すなわち無料であるということについて、筆者は、「たいていの商取引には良い面と悪い面があるが、何かが無料になると、わたしたちは悪い面を捨て去り、無料であることに感動して、提供されているものを実際よりずっと価値のあるものと思ってしまう。それは人間が失うことを本質的に恐れるからではないかと思う。無料のものを選べば、目に見えて何かを失う心配はない。ところが、無料出ないものを選ぶと、まずい選択をしたかもしれないらという危険性がどうしても残る」
    と述べている。
    しかし、ゼロコストは必ずしも買い手にとって正の側面ばかり表さない。著者曰く人間の行動には「市場規範」と「社会規範」に分かれているらしいが、その社会規範で物事を考えた場合、無料の魔力に取りつかれる可能性はずっと低くなる。

    他人から、ちょっとした頼まれごとーー例えば自分の部屋の掃除を数十分手伝ってもらうとか、試験前にノートかレジュメを少し写させてもらうとかーーなら、特に断る理由が他になければ普通にOKしても良いと思えるだろうが、もし安い報酬を“頼む側が”立てて、相手に少ない賃金を支払うということになると、頼まれた側は途端にやる気をなくすこともある。掃除や模写程度なら、タダでやる方が良いと考える人は多い。仮に少ない賃金でやると思ったら、それは労働、すなわち「市場規範」で物事を考えるようになるからだ。だったら、人の役に立てる、相手に顔を立てられるという理由で「社会規範」に近い行動をした方が得だと、頼まれた方は思うからである。

    更に、大きい価格というものの力はそれだけに留まらない。プラセボ効果というものがその代表である。最も身近にあるプラセボ効果を感じられる製品と言えば栄養ドリンクだろうか。著者はとある実験を行った。大学のジムの入り口に待機して、栄養ドリンクを提供した。1つ目の学生のグループは通常のお金を払った。のちに現れたもう1つの学生のグループには、全く同じものを三分の一に値下げして提供した。学生達が運動を終えた後、ふだんのトレーニングの後に感じる通常の疲労度と比べてどうだったか尋ねた。通常の価格で栄養ドリンクを買ったグループは、安売りのドリンクを買ったグループより疲れが少ないという結果を残した。安い金額を支払ったグループは、普通の金額より安いものを飲んだため効果薄、と潜在意識で判断したのだろうか。となると、値段の高いものは例え効果や対象など他の要素を度外視しても、必ずしも悪い結果を生み出すとは限らない、というわけである。

    その他、人間は不合理なことをよく仕出かす。他人のお金は盗まないくせに、仕事中にオフィスで自分の机の隣に置いてある他人の無数の鉛筆の内一本を無断で失敬する。ひどいパターンだと、お店から商品を万引きすることは悪いことだと誰しもわかっているはずなのに、店から出たとき急な雨が降っていたら、出入り口の公用の傘立てから平気で他人の傘を持っていく輩もいる。どちらも立派な窃盗だ。
    本書では、現金から一歩離れたところで不正は行われていると指摘している。現金が絡むと、我々は倫理規定に署名したかのように、自分の行動について考えようという心持ちになる。多数の銀行が、クレジットカード機能付きのサービスを導入しているのは、その人間心理のカラクリを知っているからである。つまり現金が直接自分の手から移動しないから、儲けが出やすいことを十分に承知しているし、実際にアメリカでのクレジットカードによる利益は、1996年の90億ドルから2004年には270億ドルまでに増加した。

    その他、本書で行われた実験や、歴史が証明してきた数字のデータは多数ある。人間が如何に「予想通りに不合理」な態度を取ってきたかということを、本書は証明している。

行動経済学」を学ぶことによって、我々はこれまでの基本的かつ伝統的な経済学とは違った見方ができるようになる。むしろ、伝統的な経済学にすべての人間が完璧に従っていたら、経済学の研究などいらないだろう。つまり逆に、合理性から離れた「不合理性」に間に生じる「クセ」や「ズレ」を研究し、意思決定を行うユーザーを研究すれば、大ヒット商品や画期的なアイデアを生み出せるかもしれない。

 

     本書は、そんな行動経済学の基本を書いた、入門的な書でもある。また、単純に人間が如何に合理的でなく感情で動くか、ということを教えてくれる、エンタメとしても楽しめる一冊だ。

【深い穴に落ちてしまった】は、深く考えないで読む方が面白いと思う

    そう、普通に、「穴に落ちてしまった兄弟によるサバイバル&サイコサスペンス」モノとして見れば、泥水や虫を飲み食いしたりウジを湧かしたり、グロシーンやトチ狂った心理などが渦巻いて、なかなか気味の悪い思いが出来て楽しい。

 

深い穴に落ちてしまった

深い穴に落ちてしまった

 

 



     が、寓話として見れば平凡である。この本が人の数ほどの角度から広く、そして深読み出来てしまうのであれば、あらゆる他の作品もまた様々な解釈がなされてしまうようになるとすら思えるし、世の中のフィクションの捉え方の数や種類においても、無駄に幅広くなってしまう。ましてや【星の王子さま】や【かもめのジョナサン】のような歴史的名作と比べたら……言うまでもない。

    しかし、物語としては面白いものであることは否定しない。

    様々な解釈が出来る“寓話”というフォーマット。この【深い穴に落ちてしまった】というのは、大きな身体の兄と小さな弟か深さおよそ7メートルの穴に落ちてしまったことを指す。兄弟は、そこから抜け出せずに、何日もそこで極限状況を生き延びようとする……。

    著者の「イバン・レピラ」はスペインの作家だ。そしてこの作品は古典ではなく現代小説だ。と、それを聞いただけで「あっ」と思える方は鋭い。それだけで、兄弟の狂おしいほど飢えた感情が、昨今のスペインの失業率や貧困問題などを背景に書かれたものではないか、という解釈が出来る。それも一つの見方ではあるし、実際最後の訳者後書きにも指摘されている通り、無視できないファクターであることは間違いない。
    ただ、その他にも、この作品にはいろいろな解釈がある、、とのことだが、個人的にはこのような寓意や暗喩を含んだ形式で書かれた小説は、「今の時代には合わないなー」などと、勝手に訝しげに思ってしまうところもある。
     現代の社会批判や時事ネタなど即物的なテーマを“本当に”即物的に書くのではなく、敢えて読者に“恐怖”というエッセンスを用いた上で、「読者の思うがまま想像してもらいたい」、という意図を含んだのなら、それはそれで一つの構想だ。しかし、残念ながら本書はそういった作者の考えが見え見えな上に、良くない意味でわかりやすいレトリックを駆使して書いているので、「この作者は喰わせモノだな」と、メタ的な方面で考えてしまう。すなわち、寓話作品としてみれば、本書は全体的にやや詰めが甘いし、中身も各所、各評論家からあげられている声ほど、深くもない。
    確かに、本作品から多種多様な想像を掻き立てられるのは事実だ。この本には様々な心理的トリックがある。深い穴というものの暗喩、素数のみの章立て、ラストのちょっとだけ考えさせられる展開、その他。だが、それならいっそのことエンターテインメントとして人間の狂気さやエグい見せ場などに力を入れれば、もっと面白くなっていたと思う。そして、最後のオチも、他に類を見ないレベルで「え? こういうことだったの!?」と思わせるようなわかりやすく鮮やかなものだったら、“大衆小説として”上質な作品になっていた可能性も考えられる。
    しかし、寓話、文学、文芸としてみれば、正直、日本の売れない芥川賞とはまた違った意味での、実にならない読後感だけが残ってしまっているように思える。作者が、読者の想像を膨らませることを主軸に考えて物語の着想を起こし、完結までに至ったとしたら、本書の作者はある意味で怠慢な行為をした。もちろん、寓話というジャンルそのものがそうだと言いたいのではなく、この作品の場合、話の練り方が少々あざとすぎるきらいがあると思えてしまう構成になっているから、そう思えてしまうのだ。
    この、いろいろな意味でスピードや成果が求められている現代社会において、本書のように著者や作品の具体的な主義主張を発信せず、読者に中途半端なモヤモヤ感を残すのは、結局のところそれが読む者にとって何になるのか、私にはよくわからない。それに、グリム童話のように世代を超えたテーマが感じ取れるわけでもないし、コンラッドの【闇の奥】のように、それぞれの国家や時代に受け継がれるような議論が今後なされていくものとも思えない。作者のほうが、そういった「ご想像を膨らませて下さい」的な見え透いた意図があるし、実際本当にその通りだとしたら、正直残念である。

    とは言え、繰り返すが、エンタメ的な見方でもって文章やストーリーそのものを汲み取れば、本書はかなり面白い部類に入るし、読み応えもある。やれメタファーとか人文学的な空想は抜きにして、単純に「こんな穴の中に落ちて何日も発見されないまま時が過ぎ死の影だけが寄り添ってきたら……」と考えさせられるものがあるし、極限状況の人間の恐ろしさというホラーも与えてくれる。そういった意味では、本書は読む価値がある。だが、それを超越したところで、「読む者自身の心に訴えかける」「我々の想像力を喚起させる、素晴らしい寓話」と言った腰巻きの専門家(?)によるコピーには、同意しかねる。

 

    過度な期待は禁物であります。普通の怖くて楽しい奇妙な物語です。

【有川浩】旅猫リポート【文庫版】

    近所の本屋で平積みにされていたので、手に取って買った。

 

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)

 

 



    有川浩の作品を読むのは久しぶりだったが、当方猫好きなので、期待に胸を膨らませて読んだ。猫をテーマにしたものなら、と思って。そしたらーー

    良い意味で裏切られた。

    猫好きの人のための本かと思いきや、実はそうではない。猫と人間達の、それぞれの視点から描く群像劇で、非常に繊細な語り口と描写で進んでいく物語だった。

 

    主役は人語を解する猫のナナと、30代の飼い主ミヤワキサトル。5年前からずっと一緒に暮らしてきたのだが、とある理由で飼えなくなってしまった。「僕の猫をもらってくれませんか?」と、猫と青年は銀色のワゴンで最後の旅に出る。かつての同級生達など、懐かしい人達に会っていくにつれて、だんだんとサトルの秘密が判明してくる。

 

     猫の一人称と何人かの人間側の目線で話が進んでいくのだが、何と言うか、特に猫の独白の方の文体はあざといくらいなべらんめえな性格の口調は軽快で自由気ままな印象だ。でもそれが余計に暖かな雰囲気にさせてくれた。旅のリポートという形態と、それぞれの心情が複雑に交差し合って、とても良い雰囲気を醸し出している。
     人間と猫、永遠に言葉が通じ合うことはない。だからこそ一緒に仲良くなれた時は何よりも嬉しいし、互いの気持ちがシンクロした時なんかはひょっとしたら人間同士の付き合いが上手くいった時よりも嬉しい瞬間かもしれない。そんな絶妙な、猫と人間のやりとりが、文章から滲み出ている。
     そんな感じの文がずっと続いていくまま、サトルの秘密が解き明かされる時はーー

 

    まあ
    言ってしまえばストーリーそのものだけ刈り取ってみればベタなのだが、それでも本書に湧き出る独特の魅力は、その文体と話のマッチングにある。
     家族や仲の良い動物と離れ離れになって悲しくないわけがない。複雑な家庭環境や懐かしい思い出を後にしたまま同じ場所に二度と戻らない最後の旅をし続けて涙が出ないわけがない。ましてや、これがお互い絆の繋がったパートナーなのに……
     それでも

「こんな幸せなことって他にあるかい?」

    猫の癖に!

    やさしい。とにかくやさしかった。
猫と飼い主の最後の旅。ナナがサトルを見ている時の視点や感情は、サトルはじめ愛する人間に対する想いでもある。
    普段は普段でぶっきらぼうで気まぐれな態度ばかり取っている。でも、いざという時になったら感情は爆発する。してしまう。猫だけじゃない。人間だって一緒。みんなこうして生きている。離れられない情と情はどこまでもついてくる。

 

     こういう小気味良いリズムと良い意味でありきたりなプロットが、前向きでやさしい文字の羅列だけで読む者が味わえる、小説と読者の同調している。それはまさに、動物と人間が心と心で触れ合えるシンクロニシティそっくり。こんな表現は、有川浩だから書けるのだろうな。

最高にカッコよくて痛快な天才ヒロイン!【国を救った数学少女】

   世界的ベストセラー【窓から逃げた100歳老人】に続く小説。

    それにしても、はっきり言ってしまって悪いとは思うのだが、アフリカという舞台から物語が始まると聞いただけで、良くも悪くもスリリングもしくはブラックな展開を期待してしまうのは何故なのだろう。

【国を救った数学少女】《ヨナス・ヨナソン著》

 

国を救った数学少女

国を救った数学少女

 

 



    数学好きの私としては、数学や論理的な展開が繰り広げられていろんなドタバタ劇(前作【窓から逃げた100歳老人】から本作がドタバタコメディ小説であろうことは最初からわかっていた)が始まるのかと期待していたのだが、題意に反して数学的要素は少なかったのは残念だった。逆に言えば数学にアレルギーがある人でも全く関係なしに楽しく読めるということだが、そういう人はタイトルだけで敬遠してしまうだろうし……。
    しかしそんなことは御構い無しに、本書はメガトン級コメディのコピーの名に恥じず、非常に笑えて楽しめる小説だ。前作よりセリフまわしやニューロイックな表現も大幅にパワーアップしている。

    本書の前半部分を読んで、何となく既視感があるな、と思って、しばらく読み進めていく内に気がついた。
「ああ、そうだ。筒井康隆の『アフリカの爆弾』だ」
    舞台、国ごとの観念、息苦しい制度、処理に困る爆弾、そしてそれら全部ひっくるめてブラックユーモアにしてしまっているところ。しかし、単にこの小説をブッ飛んだブラックユーモアとして片付けてしまうのはあまりにも惜しい。毒笑的な要素に留まらず、世界全体にケンカ売ってるのかと思えるくらいにストーリーの構成そのものも理不尽なまでにブッ飛んだ思考で書かれているんじゃないか、としか思えないからだ。
    実際のストーリーは、あらすじすらどうやって説明すればいいのか困るくらいに破茶滅茶かつ突っ込みどころ満載なので纏めるのが難しいが、一言で言うと

数十年に渡る世界各国の史実と共に、ヒロインと危険な原子爆弾(と、ある意味爆弾よりも危険な登場人物達)が絶えずどよめき続ける。

    ……しかし、読み終わった後には、「世界や歴史に対するあらゆるものの皮肉を形にして書いたものでもある」と解釈してしまえば「現実世界でも似たようなことの繰り返しだな」と妙に納得してしまえる力も、この作品は併せ持っている。その点においてもまた、前作よりわかりやすくなっている。

    だいたい〈南アフリカ出身のヒロインがヨハネスブルクで劣悪な環境で働かされているところから始まる〉ストーリーなど、それだけでも十分シリアスで重苦しい展開になりそうなのに、何故か徹頭徹尾笑える作品になっているから恐ろしい。そればかりか、本作はこれでもかというくらいヒロインに不都合な現実ばかり突きつける。周りにいる連中(他の登場人物は9割方バカか無能か犯罪者)に振り回され、そんな奴らと一緒に何年も働かされたり、スウェーデンに飛ぶ際も原子爆弾が一緒について回ったり、ボーイフレンドができても周りにはウザいやつらが蔓延ったり……とにかく安穏とした生活が訪れない。

    それでも、このヒロインはとにかく、可愛いしカッコいい。

    どんな時でも現実を受け止めて生きているし、冷静に物事を判断する。ニヒリズムに徹する訳でもなく、ちゃんと文化的な人間らしい面もある。過酷な出自や運命にこれだけ翻弄されて、どうしてここまで天才的かつカッコ可愛くいられるのかは謎だが、そこはおそらく著者によるせめてものヒューマニズムの表れなのだろう。
    先述の通り、史実や世界制度、権力者の横暴さと合理性の合致に妙に説得力がある点も小憎らしい。ひとつ間違えれば、国や世界が大変なことになる、という展開を常に念頭に置きながらも、ヒロインと一部の登場人物以外は好き勝手やる……それでもヒロインはめげないし、生き続ける。そんなひたむきなところも含めて、この作品の魅力だ。

     最後に、ヒロインの終盤のセリフをもって、締めさせていただきます。


「あたしたち自身の幸せを大事にするの。おバカたちは、自分たちで心配させておけばいいのよ」

2つの時代が交錯する、正統派ファンタジーノベル【レムリアの女神】

    文庫本でないファンタジー小説を読むのは、実に桝田省治氏の【ハルカ 天空の邪馬台国】以来だった。ただあちらはあちらでーーすごく楽しかったけれどーー精神的にドギツイ部分も結構あったので、たまに落ち着いた感じの空想にふけってみたい時もある。
    今回読了した大橋崇行氏の【レムリアの女神】は、滅びた後の現実世界をモチーフにした、王道の異世界SFファンタジーだ。

 

レムリアの女神

レムリアの女神

 

 

    主な舞台は、旧人類がヨーロッパと呼んでいた地域の街並みを模した博物館のあるオーストラフ市と、人口250万人に及ぶ世界最大の都市国家、もう一方の章にも深く関係しているレムリア王国、その他。

    N.V.(ニルヴァーナ歴)と呼ばれる元号が物語の時代を現しており、それぞれN.V.歴651年と、148年の二つの時代が交互に進みながら、ストーリーが折り重なり、それぞれ二人の主人公とヒロインが登場する。
    博物館が舞台なだけあって、651年の章の主人公リョウイチ・カミムラ(リョウ)は大学生で、学芸員の見習いアルバイトをしている。ヒロインのヴィーナは、社交界にも名を馳せる劇団「ヴィクトリア座」の人気女優。とある悲しい過去を背負う彼女だが、2人はまるで兄妹のような仲で、屈託のない日を過ごしていた。

    ある日、「レムリア新王国」の王室画家であったナタルによる手記の翻訳に着手したリョウは、博物館の展示室の中で、レムリアの王族だけが持つことを許された緑水晶について語るヴィーナと、それに反応するかの如く光輝く水晶を見て、ヴィーナがレムリア王族の末裔ではないかと思い始める。

    もう一つの、N.V148年の章では、王室画家として雇われ、レムリア新王国にやってきたマハー出身のナタル・アルミラーノ(ナタル)と、レムリア新王国の王女サラス・レムリア(サラス)。王室に招かれたナタルは、王女と身分の違いこそあれど、親しげに近づいてくるナタルと共に画家としての生活を送る。ある日、幽霊の塔がある北の街へ絵を描きに出かけた2人は、塔の中でリウ・ミンファという主であり幽霊と名乗る女性に出会う。地下まで続く階段、その先の部屋に横たわっていた、殺されたばかりの若い女性の死体。何故こんなところで人死にが? 何故殺人事件が幽霊塔で? 事件の真相を探っていくうちに2人は……

 

    哲学のある意義、旧人類の行く末、財産に対する信奉、耽美で甘いキャラクターの言動、サスペンス、王政や教会の陰謀、など、ファンタジーとしてはお約束の要素がしっかり詰まっていて、読むものをほんの少しだけ、しかし継続させながらワクワクさせてくれる。それだけに、中盤以降の展開やラストの真相、ヒロインの正体など、斬新性が少し薄すぎてワクワク感が損なわれてしまっていたとも言えるが、逆に言えば超展開やご都合主義にまみれずに、安定した面白さでストーリーが進んでいく。たまに起こるハプニングや、女性キャラに露骨過ぎない程度に振り回されるセリフなど、良い意味でやきもきさせられる部分もあって見てて飽きない。
     どちらかというと、ハインラインアーサー・C・クラークのようなハードなSFものではなく、ルグウィンのような社会学や人間の心理などに重きを置いたテーマになっていて、難解な単語などもあまり出ず、出たとしてもちゃんと脈絡に沿って読めるようになっていて、そういった意味でも正統派を貫いている。

 

    最近、いろんな種類の異世界ものやラノベ、あまりにも非現実的過ぎる作品ばかりが世に出回っていて食傷気味だな、というような方でも安心して読める。あっと驚くような部分こそないものの、肩の力を抜いてリラックスしつつ、こういった子供時代に読み漁った形のスタンダードなファンタジーにもう一度触れてみるのもまた楽しい。